読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インバウンド外国語翻訳ツール!中国語の簡体字と繁体字も対応

インバウンドでの仕事には外国語の翻訳がつきもの。英語や韓国語はもちろん中国語の簡体字と繁体字も翻訳。無料で活用できるサイトを紹介。インバウンドの売上げアップには翻訳は必須。POPやWEBインターネット広告にも効果的です。

【イイ話】日本の漫画がシリアの子供たちの夢を繋ぐ キャプテン翼の翻訳に従事する留学生

「シリアの状況は酷い。あまりのひどさに子供たちは夢を持たなくなってしまう。しかし子供たちが夢を見ることで、いつかシリアをまた良い場所に変えてくれる」東京で学ぶシリア人の交換留学生カッスーマー・ウバーダさんはこう話す。彼は機会に恵まれただけでなく強い決意から日本の漫画をアラビア語に翻訳している。彼が翻訳した人気サッカー漫画・キャプテン翼は多くの支援団体を通じて寄付され、欧州や中東にいるシリア難民の子供たちに手渡されているのだ。
内戦が既に始まっていた2012年、シリアの首都ダマスカスで日本語を学んでいたカッスーマーさんは交換留学生として日本で学ぶ奨学金を得た。手遅れになる前にカッスーマーさんは何とか来日。両親もレバノンの親戚の家に避難。そして東京でアルバイトとして従事したのがキャプテン翼の翻訳であった。「プロのサッカー選手を夢見る少年が、一所懸命努力して夢を実現する話です。すごく美しいことだ。(シリア難民の)子供たちにも見てもらいたい」「私自身、子供の頃にTVでキャプテン翼を見るのがとても楽しみだった」と話す。
日本の出版社にとって当初、アラビア語の市場開拓は単なるビジネス上の判断だったが同志社大学の中東専門家、内藤正典教授の提案で版権を持つ集英社はすぐにコミックスの売上の一部を難民に寄付することを承諾。国連児童基金(ユニセフ)や多くの国際機関の協力もあり、欧州やトルコ、中東のシリア難民キャンプに内戦による恐怖と悲惨な体験を逃れてやってきた幼い子供たちに漫画が配られている。通常配給されるのは衣服や食べ物なので母国語で書かれた漫画に子供たちが驚きの表情を見せていたのは目を見れば分かったと慈善団体のイズメットさんは話している。カッスーマーさんの今の目標は今は日本に残って学位を取得すること。シリアがいつか自分の能力を必要とする時が来る、日本とシリアの関係強化に取り組むことでより大きな貢献ができるのを期待している。(BBC)

_95912623_kids
_95897004_img_9536
_95912618_img_9557
引用:RedditFacebook

(海外の反応)


1No infomation万国アノニマスさん 
日本の漫画がシリアの難民の夢を救っているようだ


2Australia 万国アノニマスさん
ゴールに向かって進んでるわけですね


3No infomation万国アノニマスさん 
こういうのは素晴らしい
心に傷を負ったり孤立している子供を助けることは
私達大人が出来る中で最も価値のある人間らしい行動だと思う

続きを読む

Source: 海外の万国反応記



from インバウンドニュース – 訪日外国人インバウンドニュース速報まとめ http://ift.tt/2r1oqMg
via IFTTT
広告を非表示にする