読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インバウンド外国語翻訳ツール!中国語の簡体字と繁体字も対応

インバウンドでの仕事には外国語の翻訳がつきもの。英語や韓国語はもちろん中国語の簡体字と繁体字も翻訳。無料で活用できるサイトを紹介。インバウンドの売上げアップには翻訳は必須。POPやWEBインターネット広告にも効果的です。

台湾人「今回の八田與一の件で、より多くの若い人たちに八田氏の物語や彼に対する農家の感謝の気持ちを知ってもらうことができ、日台の友情もさらに強固になった」八田與一の慰霊祭が無事に開催される!

台湾南部・台南市烏山頭ダムで日本統治時代の技師、八田與一銅像が損壊された事件で、像の修復が終わり8日、例年通り慰霊祭が行われた。日本統治時代の評価によって支持政党が大きく分かれる台湾では、八田像をめぐる立場が政治的な論争の具となった。

没後75年のこの日の式典には約700人が出席。日本側は八田の親族や出身地、金沢市の市長、対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の沼田幹男代表(駐台大使に相当)らが、台湾側は行政院農業委員会の林聡賢主任委員(農林水産相)らが参列し、地元メディアも注目した。

事件は、反日的な中台統一派の政治団体に所属する男女が実行。
この日も数十人が会場外で「日本人は出ていけ」などと叫んだ。これに対抗する台湾独立派の約50人も現場を訪れ、双方がにらみ合った。

事前に独立派団体は参列の意を申し出ていたが、八田氏は政治家ではなく水利技師であり、過激な行為によって式典が本来の目的から外れてしまうのは望んでいないとし、同ダムを管理する嘉南農田水利会は独立派団体の参列を見送ったという。

同ダムには蒋介石元総統の銅像も設置されており、独立派団体が狙っている可能性があるとして関係者は警戒を強めていたが大きな混乱もなく式典は無事に行われた。

反日的な中台統一派の政治団体の抗議

頼清徳台南市長は式典で「像を破壊した者のたくらみは成功せず、日本と台湾の友情は以前よりも強まった」と強調。頼氏は事件後、日本語で慰問の手紙を送るなど日本側関係者への配慮をみせた。頼氏は与党、民主進歩党で次の総統候補の一人と目されており、対日感情が良好な党支持者に改めてアピールできた形だ。

対照的に、同じ民進党蔡英文総統は距離を置いた。
自由時報は4月24日付の東京特派員のコラムで、八田像は「台日友好の象徴」だとして、蔡氏に式典を主催するよう呼びかけた。
ダムの管理者、嘉南農田水利会も招待状を送ったが、蔡氏は北西部・桃園市で漁港を視察するなどして式典に顔を見せなかった。蔡英文総統は、別の日程でダムを訪れる予定だという。
蔡氏は事件後、八田に関する発言をしておらず、八田像を「植民地時代の美化」とみる野党、中国国民党系の一部支持者からの批判を恐れた可能性がある。
また、過去には馬英九前総統が参列に訪れたこともある。

馬英九前総統が過去に参列に訪れた時の画像

一方、国民党では、主席選に出馬している呉敦義前副総統が、過去に慰霊祭に参加したことを「八田を崇拝した」などと批判され、釈明に追い込まれた。国民党の関係者には公有地から蒋介石像を撤去した頼氏への不満が強く、頼氏を「媚日派」などと批判している。

同ダムを管理する嘉南農田水利会の楊明風会長は、今回の事件でかえってより多くの若い人たちに八田氏の物語や彼に対する農家の感謝の気持ちを知ってもらうことができ、日台の友情もさらに強固になったと述べた。

インターネット上では中台統一派の政治団体や中国人などによる過激な書き込みが相次いでいます。同じ中国語で中国人なども容易に台湾のサイトに書き込みできるので、残念ですが仕方ない部分はありますね。以下、中台統一派、中国人の反応です。

「また、八田與一銅像が壊される事を願っている」

「次は誰が壊しに行ってくれるのかな」

「今回の件で台日友好が促進したと聞いた。これが台日友好というのなら、また銅像を壊せば良い。ますます台日友好になるだろう」

台南市長は日本に媚びている。恥ずかしい」

台南市長は八田清德に名前を改名してくれ」

「沢山の蒋介石像が修理されてないのはなぜなのか??」

「また明日、壊されるよ」

八田與一なんてしらない」

ただ、今までの記事でもお伝えしたように、多くの台湾人は八田與一の功績に感謝してますし、台湾人は上記のような書き込みをしないので、皆様ご安心ください。以下、台湾人のコメントです。

八田與一は台湾に大きな貢献をしてくれたのに間違いはない。台湾南部の農業発展に貢献してくれた。それに台湾人、日本人分け隔てなく同じように扱ってくれた。だから、我々台湾人は感謝の気持ちを込めて銅像を製作した。日本のNHK銅像が破壊された時に報道してくれたし、修復した時にも報道してくれた。日本がこの件を重視してくれている事がわかる。この事件を機にまた日本と台湾の友好関係が固くなる事を願ってます」

「台湾と日本の関係は以前に増してよくなっている。今回の墓前祭も以前に比べてよくなっているよ」

「台日友好!!」

「もし彼がいなかったら私の家は農業ができてなかった。それから、住むために必要な水も足りなかった!!本当に感謝している。現在、ダムを管理してくれているスタッフのみなさんにも感謝してます!!」

「賴市長頑張ってください!!」

「友好度のレベルが更に上がったな」

「修理完了!ついに!!本当に修復してくれた!!修復してくれた関係者の方には感謝してます」

管理人です。
更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
何かしらサイトの方でも出来たら…と思っていたのですが、それも出来ずじまいした。
力不足です。すいません、今度巻き返します。李登輝友の会が行っていた募金に関して、ご協力していただいた方はありがとうございます。募金されたお金が警備等の有意義な事に利用される事を願っています。

さて、今回の一連の事件で台湾メディアも日本メディアも、沢山の報道がなされました。
頼清徳台南市長や楊明風会長も話されているように、今回の事件をきっかけに今まで八田與一の存在を知らなかった人や、知ってても深くは知らなかった人たちに、知るきっかけを与えたという事は非常に良かったと思います。台湾のガイドブック等にもなかなかこういった歴史の話などは書かれている事は少なく、何かしら自分で情報を得ようと想わなければ八田與一の存在すら知らなかった人が多いと思いますので。今回は日本のテレビやインターネットでも結構何度も紹介されていた印象ですね。

上にも反応を書き込みましたが、今回、結構ネット上では荒れておりまして、やはり中国人からの書き込み等が非常に多かったですね。無意味に無茶苦茶な理由で、罵ったりという感じです。こういった親日ニュースが出ると、毎回このような誹謗中傷が出てきますが、まともな台湾人は間違いなく、こういったコメントしません。今回の事件が起こった事でまた銅像の警備等が大変になるとは思いますが、もう壊されないようにして欲しいと思います。

また、今回八田與一の存在を知った方は、是非、書籍などで読んでみたり、youtubeにあがってる動画を見たり、ネットで調べたりしてもっと八田與一の事を調べてみてください。台湾人がこれほどまで親日でいてくれる理由がわかるかもしれません。

また、こちらの方でもまた何かありましたら、ご紹介等させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。関係者の皆様、サイトで情報を見てくれてた皆様、募金してくれた皆様、コメントくれた皆様、色々ありがとうございました。そして、お疲れ様でした!!これからもっと日台友好が進んでいきますようにっ!!時代を超えて、こんなきっかけをくれた八田與一さんにも大感謝!!

Source: 台湾の反応ブログ速報



from インバウンドニュース – 訪日外国人インバウンドニュース速報まとめ http://ift.tt/2qRllkF
via IFTTT
広告を非表示にする